今年のル・マンはPorscheの圧勝

圧倒的な速さで予選を突破したPorscheがそのまま優勝を勝ち取りました。

最序盤、Audiに抜かれた場面もありましたが、その後Audi勢にトラブルが発生すると、難なくトップに返り咲きそのままチェッカーまで走りきりました。

予選であれだけ早いマシンにトラブルフリーで走られたら、他車に勝ち目はなかったですね。

特に日本勢、トヨタと日産のふがいなさには呆れました。

特に日産。

解説の由良さんも言ってましたが、あんな状態で出走するのはPorscheやAudiに失礼です。

ル・マンでテストするな、テストしてからル・マンに来いって感じです。

 

もう一度MAZDAが復帰しないですかね。

ロータリーでもSKYACTIVE-Dでもいいんで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です