デミオとお別れ – ラストインプレッション(2)

ラストインプレッションの2回目です。2回目はインテリアについてです。

<インテリア>

まずインテリアで一番褒めてあげたいのはステアリングです。ステアリングは標準だとプラスチックですが、オプションで革巻きにできます。この革がとても素晴らしい!!オイルレザーのような感じで、見た目はツヤツヤしているのに肌触りはシットリしていて最高の握り心地。縫い目も太めでちょうど指に馴染む感じです。強いて言えば縫い目に赤などの色つきステッチが入っていれば文句なしでしたが・・・まぁそれはさておき、コンパクトカーとは思えない上級クラスのステアリングです。革なので夏場に汗ばんでも吸収してくれるし、冬場で乾燥していてもカサカサしません。お手入れなしで9年も同じ握り心地を保てたのも◎です。

それ以外は特にこれといって褒めるべきところはありません。デザインは当時としては悪くありませんでしたが、今となっては古さを感じます。プラスチック丸出しで質感も低いです。一応、ダッシュボードにはシボ加工が施されており、質感を上げようとした努力が見受けられますが、実際に質感が上がっているかというとそうでもありません。丸いエアコンの送風口は意外と使いやすかったですが・・・。

白の座席は室内が明るくなってよかったです。発売当初はコンパクトカーに白い座席というのは珍しかったので、流行を先取りしたような感じでした。ただ革ではなくファブリックだったので、こちらも質感は低いですが。DJデミオの白い革シートと比べると質感の違いは歴然で、同じデミオという名前でも進化しているんだなというのが見て取れます。(値段も思いっきり進化しましたが。)

最初の頃は室内に物を置く場所が少なくかなり不満でしたが、使っているうちに慣れました。そもそも車内で必要なものってそんなにないんですよね。なので置き場所がなければ持ち込まなければいいということで、不要なものは持ち込まないようになりました。BGMもiPodを繋ぐことができたので、CDも一切持ち込みませんでした。

とはいえ置き場所が欲しいものもあり、箱ティッシュはどこにおいていいかだいぶ悩みました。最終的には助手席の背中につけることにしましたが、ただでさえ狭い後部座席が更に狭くなってしまったのは仕方のないというか残念というか・・・。

夜の室内はオレンジ一色になります。これは好き嫌いが分かれると思いますが、私は割りと好きでした。

————————————————–

インテリア点数: 30点
良い点: とにかくステアリング。革が手にすごくよく馴染む。しかもお手入れ不要。
悪い点: 狭い、物が置けない、質感が低い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です