Giuliettaインプレッション(0)

Giuliettaに乗り始めて早5ヶ月。

そろそろインプレをしてみたいと思います。

 

<諸元について>

早速インプレ・・・とその前に、諸元を確認しておきます。

私の購入したGiuliettaはCompetizione Alfistiというグレードです。

2012年の日本導入の際に75台限定で発売されたモデルです。

(とはいえGiuliettaは限定モデルだらけなので、特に優越感とかは感じませんが・・・。)

 

このモデルの特徴は1.4LターボとMTの組み合わせに尽きます。

本国では1.4L+MTのモデルが当たり前のように走っていますが、なぜか日本には75台しか輸入されませんでした。

MTが欲しければQuadrifoglio Verdeに乗れってことなのでしょうが、QVは1.8Lになるので税金が少しだけ高いんですよね。

あと燃費も悪いし、アイドリングストップもついてないし、タイヤが18インチで高い。

QVは240psのパワーが売りのようですが、RX-7を所有している私にとっては特に魅力もなく・・・。

そんなわけで、合理的判断で1.4Lを選びました。

まぁ通勤専用車にする予定なので、コストパフォーマンスを重視するのも仕方ないですよね。

 

以下、諸元です。

型式 ABA-94014
(今時ABAというのが信じられない)
ステアリング 電動パワステ付き右ハンドル
全長、全幅、全高 4,350 x 1,800 x 1,460mm
(全幅1,800mmはCセグメントとしては限界)
ホイールベース、トレッド 2,635 x 1,555mm
車両重量 1,400kg
(Cセグメントの中でもかなり重い)
エンジン形式 940A2
(実はMiTo QVと同じ)
エンジン種類 直4マルチエア16バルブ
インタークーラーターボ
ボア、ストローク、排気量 72.0 x 84.0mm、1,368cc
圧縮比 9.8
最高出力 125kW(170ps)/5,500rpm
最大トルク 250Nm(25.5kgm)/2,500rpm
燃料、タンク容量 ハイオク(RON値95)、60L
クラッチ 乾式単板ダイヤフラム
トランスミッション MT6速+Reverse
サスペンション 前: マクファーソンストラット(スタビライザー付)
後: マルチリンク(スタビライザー付)
ブレーキ 前: ベンチレーテッドディスク
(ブレンボキャリパー対向4Pot)
後: ディスク
純正タイヤサイズ 225/45R17
JC08モード燃費 15.6km/L

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です