RX-7 17年目の車検(1) またまた圧縮が回復した

RX-7の17年目の車検を通しました。

私の手元に来て、はや5年が経つわけですね。月日の流れは早いもんです。

 

今回の車検では色々とショックなことを言われました。

まず、車体の錆が進行しているようです。

冬場はできるだけ乗らないようにして、融雪剤(塩や塩カル)には触れないように気を付けていたのですが・・・。

まぁ17年も経てば、多少の錆は仕方ないですね。錆止めを塗って進行を遅らせることにしました。

あと、オイルパンとオイルクーラーからエンジンオイルが滲んでいるらしいです。

こちらは大した量ではないので、拭き取って経過観察としました。

それ以外は特に問題なしでした。実際に運転していてもすこぶる調子がいいです。

 

さて、車検恒例行事の圧縮圧力測定(コンプレッション測定)はどうだったかというと、こんな感じでした。
compression_20161003

ちなみに、前々回の車検(33,736km)での記録がこちら。
comp 13

前回の車検(41.490km)での記録がこちら。
comp 15

回転数を基準値(250rpm)に統一すると以下のようになります。
(1rpmにつき0.0215の補正をかけて、250rpmに換算します。)

33,736km時 41,490km時 46,852km時 Δ
287rpm 250rpm 247rpm 250rpm 252rpm 250rpm
Front 8.0 7.2 7.6 7.7 8.4 8.4 1.2
8.3 7.5 8.0 8.1 8.6 8.6 1.1
8.1 7.3 7.7 7.8 8.4 8.4 1.1

 

33,736km時 41,490km時 46,852km時 Δ
287rpm 250rpm 239rpm 250rpm 255rpm 250rpm
Rear 8.0 7.2 7.5 7.7 8.3 8.2 1.0
8.4 7.6 8.1 8.3 8.9 8.8 1.2
8.3 7.5 8.1 8.3 8.8 8.7 1.2

というわけで、またしても圧縮が回復しました。

33,736kmの時と比較すると、最低で1.0、最大で1.2回復しています。

オーバーホールの目安と言われる8.0を、6部屋全て超えてきました。

こうなってくるとオーバーホールするのがバカらしくなってきますね。

このまま乗り続ければ、9.0くらいまで回復するんじゃないですかね?

 

ディーラーの方の話では、今回の圧縮回復の要因はマフラーだそうです。

私のRX-7は購入時にメーカー不明の砲弾型マフラーが付いていました。

音は下品でうるさい、抜けが良すぎてブーストがオーバーシュートする、ミスファイヤする・・・といった最悪なマフラーだったのですが、44,000kmの時に運良く(運悪く?)穴が開きました。

きっと材質も作りも粗悪だったんですね。

これ幸いにFUJITSUBOのLegalis R オーバルテールに交換しました。

その結果、ブーストのオーバーシュートも収まったので、躊躇なくフルブーストもできるようになりました。

ディーラーの方の話が本当ならば、このマフラー交換によって圧縮が回復したということですが、実はこれには裏がありそうな感じです。

それについては次回書きます。

One thought on “RX-7 17年目の車検(1) またまた圧縮が回復した

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です