xbmc for windowsを使ってみる

知る人ぞ知るメディアプレーヤーにxbmc(XBox Media Center)というものがあります。

ネットサーフィンしていたらWindowsに移植されたという記事を見つけたので思わずインストール。

動画の再生は失敗しましたが、その他の機能は一通り動く模様。

これは期待ができそうです。

 

xbmcはその名の通りもともとは(改造した)XBOX上で動作するソフトで、XBOXをケーブル法やメック法を使ってハッキングし、ftp経由でxbmcを導入するのが一般的でした。

(実際はxbmcではなくxbmp(XBox Media Player)が利用されていたが、ソースコードがスパゲティになってしまったためxbmcに移行していった。)

XBOXが高機能だったため、XBOX+xbmcの組み合わせはまさしく最凶最強でした。

その理由は
・CDプレーヤーとして利用できる
・DVDプレーヤーとしても利用できる(しかもリージョンフリー)
・PCで読み込んだDVDも再生できる(isoでもvobでもOK)
・ほとんどの音楽ファイルを再生できる(flac+cue等もOK)
・ほとんどの動画を再生できる(DivXでもH.264でもMPEG2-TSでもOK)
・ハイビジョンで出力できる(720pまで)
・家電製品と同様に使える(電源ON以外、全てリモコンで操作できる)
・大容量HDDに交換できる(BIOS変更で1TBまで対応した)
・LANが標準装備なので、PCやNASのファイルまでストリーミング再生できる
・FTPサーバーとしても動作する
・何よりXBOXが安かった(中古なら1万でお釣りがきた)
といった機能があったからです。

値段を考えればいまでも最強(DLNA対応のHDDつきリージョンフリーDVDプレーヤーが1万で買えるような感じ)。

現在ではXBOX,WindowsだけでなくLinux,Macさらにapple TVにまでインストールできる始末。

その上PSPやiPod touchでリモート操作もできるようになり、ますます凶悪さに磨きがかかったようです。

 

動画周りの処理が一段落ついたらxbmc用に1台マシン組んでみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です