ロータリーの終焉

ついにRX-8の生産終了が発表されました。

7と同じように、Spirit-Rを販売するそうです。

もはや日本のFRスポーツはZとロードスターだけになってしまいました。

Spirit-Rを発売するのはかまわないのですが、1000台は多すぎです。

7のときでさえ、1500台が完売するまでにかなり時間がかかりました。(生産終了から半年以上もSpirit-Rを展示していたディーラーもあったくらいです。)

8のSpirit-Rは限定装備も微妙ですし、1000台売り切るのは相当時間がかかるのではないでしょうか。

ロータリー終了の話題にあまりに反響が大きかったためか、MAZDAはすぐに研究開発継続を発表しました。

現実的な案としては、靭にロータリーを搭載しRX-9として販売することでしょうか?

まぁ4ドアなので8の二の舞になる気もしますが・・・。

靭の開放感とシートは素晴らしいと思う。

しかしフロントグリルはどうにかしやがれ。

One thought on “ロータリーの終焉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です